一般歯科

審美歯科

矯正歯科

メール相談

東武バス「柏の葉公園住宅前」バス停前

〒277-0882
千葉県柏市柏の葉3-1-3

お電話でのご予約・お問い合わせ TEL:04-7132-4618

むし歯・歯周病予防

むし歯・歯周病予防

柏駅の宮地デンタルクリニック柏の葉 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ
宮地デンタルクリニック柏の葉 インプラント専門サイト Doctor's File ドクターズファイル
HOME»  むし歯・歯周病予防

当院のメンテナンス

むし歯や歯周病を治すだけが歯科治療ではありません。当院では、長期的なお口の健康を保つために、定期健診と予防にも力をいれています。

詳しくは当院スタッフまでご相談ください。

定期メンテナンスについて

お口の未来が大きく変わる!?
【メンテナンスが必要な3つの理由】

定期メンテナンスの内容

  • お口のチェック
    歯周病の進行状況を調べるための「歯周ポケット」測定や、むし歯がないかなどの診査を行います。
  • 歯石取りなど
    チェックした内容をもとに、歯石の除去や歯面清掃(PMTC)などを行います。
    むし歯がある場合は治療を行います。

定期メンテナンスでお口の未来が変わる
~一生おいしく食事をするために~

歯周病で多くの方が歯を失っています

1歯周病は人生を変える

国の調査によると、80歳で平均10本しか歯が残っていないという結果がでています。

成人が歯を失う原因の約半数は「歯周病」。
そのほとんどが20代~40代にかかり、長い年月を経て少しずつ歯を失っていきます。

一度治療しても、放っておくとまた進行する歯周病。
定期的なメンテナンスは、歯周病の進行を食い止めるもっとも確実な手段です。


60代女性

【歯周病が進行してしまったお口】
メンテナンスせず歯周病を放置するとこうなることも…
歯周病になると徐々に歯ぐきが下がり歯が抜けてしまいます。

「神経」を取ると、歯がもろくなる

2むし歯は痛んでからでは遅い

むし歯は早期に発見できれば、削らずに済む場合もあります。
しかし、この段階では痛みは一切ありません。

一方、はっきりと痛むほどにまで進行してしまうと、「神経」を取らなければならないこともあります。

「神経」は栄養分も運んでいるため、取ってしまうと、その歯の寿命は著しく短くなってしまいます。
そこで、定期メンテナンスではむし歯の早期発見のためチェックを行います。

【むし歯の進行と自覚症状】

痛みがでるのはC2ぐらいからC3になると神経を取らなければなりません。
神経を取ると歯の寿命がとても短くなります。

歯石・バイオフィルムは「細菌」のすみか

3歯磨きだけでは防げない

むし歯や歯周病の原因となる細菌のかたまり「プラーク」。
毎日の歯磨きでしっかり落とすことがまず大切です。

しかしそれでも、数ヶ月もするとほとんどの方のお口に強固な「歯石」や「バイオフィルム(細菌の膜)」ができてしまいます。

そこで、定期メンテナンスでは、専門の器具を使って、これらを時間を掛けて丁寧に取り除きます。

【『歯石』はとにかく強固】
とても強固で歯磨きでは取り除けません。

定期メンテナンスについて

  • 検査結果によって治療内容・通院回数が異なります。
  • 検査・治療には健康保険をご利用いただけます。
  • 特別な治療を要する場合、健康保険が適用できないこともあります。

検査内容・治療方法・治療期間など
詳しい治療内容につきましてはいつでも医師・スタッフにお気軽にお声をかけてください。

歯周病について

こんなに怖い歯周病(歯槽膿漏)
【歯周病が抱える3つの危険性】

早期発見のために歯周病の検査をおすすめいたします

検査について
検査では歯周病の進行状況を調べるため「歯周ポケット」の深さを測定します。

歯周病はこんなに怖い 3つの危険
~早期発見・早期治療が重要です~

細菌が歯を支えている骨を溶かします

危険1骨がとけて歯が抜ける!!


お口の中の細菌

歯周病は「歯周病菌」と呼ばれる細菌が原因。

「歯周病菌」は「歯周ポケット」をつくりながら歯茎の奥へと進んでいき、やがて歯を支えている骨(歯槽骨)をとかしはじめます。

支えを失った歯は徐々にぐらぐらになっていき、最後には抜けてしまいます。

【歯を失う原因のNo.1は歯周病】

気付いたときにはもう遅い!?

危険2自覚症状が少ない

歯周病は、初期段階では目立った自覚症状がありません。しかし、ゆっくりと確実に進行していきます。

激しい出血や痛み、歯がゆれるなど、明らかな自覚症状がでるころには、重度の歯周病になっていることもめずらしくありません。

【歯周病の進行と自覚症状】

歯石は「細菌」のすみかです

危険3歯磨きでは治らない

歯周病になると、歯と歯茎の間に隙間ができます。これを「歯周ポケット」といいます。

歯周ポケットに入り込んだ細菌(プラーク)や、細菌のすみかとなっている歯石は、歯磨きだけで除去することはできません。

【「歯周ポケット」と「歯石」】

歯周病について

  • 検査結果によって治療内容・通院回数が異なります。
  • 検査・治療には健康保険をご利用いただけます。
  • 特別な治療を要する場合、健康保険が適用できないこともあります。

検査内容・治療方法・治療期間など
詳しい治療内容につきましてはいつでも医師・スタッフにお気軽にお声をかけてください。